FXでトラリピを利用する時はリスク管理に注意

No Comments

FXにおいてトラリピを利用する投資家が多いですが、レンジ相場の時にはリスク管理を行うのに適しています。
しかし弱点として。
トラリピは下落トレンドに弱いという点は押さえておかなければなりません。

トラリピと略されることが多いトラップリピートイフダン注文ですが、一回注文を行うと同じ価格で何回も注文と決済をリピートする自動売買注文方法となっています。
FXを利用している投資家の中でも人気がありますが、それは一回設定することによって自動的に何度も注文が繰り返していくので、一定の価格帯で投資を進めていきます。
これがレンジ相場では、決まった範囲内で利益などを確保するため、非常に効果を発揮していきます。
仕組みもトラリピは単純なので、初心者でもシステムトレードとして活用できることでしょう。

ただトラリピは円高に弱いといわれることが多いです、というのもレンジ相場において上下に一定して動いていけば買いポジションによって高値決済ができます。
これが利益へと変わっていきますが、下げ続けていく相場においては、買いポジションが利益を確定させる機会を無くしてしまうため、どうしても塩漬け状態にとなってしまいます。
これがトラリピの弱点となっており、リスク管理を行うためにトラリピを外す必要も出てきます。

為替相場は暴落していくこともありますので、リスク管理は非常に大切です。
ただほとんどの場合、暴落をした後でもしっかりと戻ってくるという点を理解しておきましょう。
大きな下落を引き起こすこともありますが、損切った後で相場が戻ってくるというケースも少なくありません。
これがFXの面白いところでもありますが、投資金が無くなってしまう可能性がない限り、ある程度様子を見ておくというのも方法の一つです。
各国の景気なども判断していきながら、レンジ相場の時には様子を見つつ投資を行うか判断をしましょう。
チャートなどで判断をしていく際も、先行きを見通すことが重要です。