FXをトラリピで銀行以上の利息を得る

FXにおいて注文のタイミングを逃してしまうと、大損を招いてしまうことがあります。
銀行以上の利息を手に入れたいと考える時は、投資を考えている人も少なくありません。
FXは24時間常に値動きがあり、時には朝起きたら利益を出しているケースもあります。
しかし取引上眠っている時間帯で損失を大きくした状態になってしまうこともあり、場合によっては取引を中断させなければならないこともあります。
そんな時にはトラリピを活用していくといいでしょう。
FXにとっては効率的な注文を出していくことができるようになります。

トラリピはトラップリピートイフダン注文の略称となっており、3段階に分けて注文を出していくことになります。
まずは新規注文と決済注文が1セットになって発注を行っていくイフダン注文、次にイフダン注文を何度も繰り返して発注していくリピートイフダン注文、最後にリピートイフダン注文を時間を分けて等間隔で仕掛けていくトラップリピートイフダン注文となります。

それぞれみていくと、まずイフダン注文は価格帯で判断しながら発注を行っていきます。
買いもしくは売り注文を出す際の価格帯と、決済注文を出す際に指標となる価格帯を判断して発注する流れとなります。
2つ目のリピートイフダン注文では、繰り返して注文を出していきます。
これは自動的に進められていきますが、新規注文が成立した後でセットで決済注文を発注していきます。

これらが成立していくと、自動的に次の注文を発注していくことになります。
決して決済注文が成立しなければ、何度もリピートすることはありません。
条件として決済注文を必ず成立させなければなりません。
最後にトラップリピートイフダン注文ですが、これは何度も罠を仕掛けていくように注文を出していく仕組みとなっています。
等間隔で複数回注文を仕掛けていきますので、トラップリピートイフダン注文は放っといても続いていくことでしょう。
トラリピは放っといていいですが、その状態だと損失を生み出し続けてしまうこともあります。
状況はしっかりと判断しておきましょう。

No Comments »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントをどうぞ