外貨での資産運用では外国為替レートの情報から目が離せない

少子高齢化の中で人口減少が加速し内需の減少も大きなものになっています。
このため経済低迷は持続的なものとなり、当然、日本銀行の政策金利(公定歩合)は「ゼロ金利」と呼ばれるような低い状態を維持しています。
今後しばらく日本の金利が上昇する材料は全くありません。
円建ての国内の金融商品の金利は日本銀行の政策金利に連動します。銀行の預金金利も低いままです。

そこで今注目を集めているのが外貨建ての預金です。
政策金利の高い国の通貨で預金すればそれだけ高い利回りを得られて資産の目減りをヘッジすることができるからです。
しかし金融の世界はハイリスク・ハイリターンです。
外貨建ての預金には外国為替レートの変動という大きなリスクがあります。

このリスクを回避するには常に外国為替のレートの動向について正確な情報を収集する必要があります。
その通貨を発行する国の経済や政治の状況はもちろんのこと世界的な経済や政治の動向も外国為替のレートに強い影響を与えます。

2016年の年明けから、円安傾向から円高傾向に反転し、その影響で株価も続落傾向を続けました。
この原因については諸説あって、原油安に原因を求める説と中国バブルの終焉に原因を見出す説等があります。
いずれにしろ海外の通貨で資産運用する場合は、外国為替のレートに影響を与える世界の政治・経済的な情報の収集を怠ってはいけないのです。

No Comments »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントをどうぞ