FXの資産運用の手法、トラリピでリスクヘッジを

No Comments

日本銀行は黒田バズーカと呼ばれる大規模な量的緩和を実施してデフレ脱却を図りました。
しかし総合指数では十分インフレ基調になったとは言えません。
2014年4月の消費税の増税以降、便乗値上げで食料品を中心に若干の物価上昇はありましたが再びデフレ基調へと戻りつつあります。

賃金の相場も全国的には十分上がったとは言えず、物価上昇を考慮した実質賃金は未だマイナスです。
巨額の財政赤字もあり社会保障制度への期待も低下しています。
多くの人たちが自己責任による資産形成を始めています。

国民の金融資産の保有形態を見ても、従来の預貯金中心主義から株式投資など積極的な資産運用にシフトしています。
中でも多くの人たちが資産運用のためにFX取引を始めています。
FXは少額の証拠金でその数倍の取引が可能ですが、これはハイリスク・ハイリターンを意味します。

FX取引でリスクを回避し固く利益を出す方法に「トラリピ」と言う方法があります。
これは「トラップ・リピート」の略で一定の相場のなかで売り買いのパターンを繰り返して行く売買手法です。

トラリピで資産運用するというのはFXを投資信託のようにすると言ってもよいでしょうか。
大きな損出のリスクを減らしますがその分大きな利益も得られる確率も減ります。
長期的に漸進的にほどほどの利回りを確保するのに最適です。

現在ではトラリピの自動サービスを提供するFX業者もあります。
当然手数料がかかります。
手数料の相場は業者によって異なりますが得られる利益はその分減ります。
そのかわり初心者でもトラリピという上級者のテクニックが使えるようになります。

キャリー・トレードは為替相場に影響を与えるか

No Comments

FX取引をしていると「キャリー・トレード」といった言葉を聞くことがあると思います。
これは1990年代からさかんに行われるようになったトレード方法だそうです。
「キャリートレード」とは金利の低い国の通貨を借りて金利の高い国の通貨を買い、その国の金融商品に投資を行って金利差を稼ぐトレードだそうです。

「キャリー・トレード」と言うと「円キャリー」という言葉を連想すると思います。
これは「円によるキャリー・トレード」の略です。
1990年代は日本が景気が悪くアメリカが景気が良かったので日本が低金利で為替相場はドル高傾向でした。
このため多くのヘッジファンドが円を借りてドルで運用するという事が頻繁に行われていました。
2007年にアメリカでサブプライムローンの問題が発生し欧米諸国も低金利政策を採るようになったため、この「キャリー・トレード」というトレード方式は下火になったそうです。

しかし近年、円安傾向になってきたため、この「キャリートレード」、しかも「円キャリー・トレード」が復活してきたそうです。
金利の低い円を借りて金利の高いオーストラリアやニュージーランドで運用し金利差を稼ぐというやり方のようです。

「キャリー・トレード」は一般的には為替相場には大きく影響しないと言われているそうですが、円キャリーが頻繁に行われるようになれば円を売る量が増えるわけですから円安傾向に為替相場を変動させる力になるそうです。
急速すぎる円安の背景にはアベノミクスの円安政策という情報を聞いたヘッジファンドの円キャリーの動きもあったようです。

外貨での資産運用では外国為替レートの情報から目が離せない

No Comments

少子高齢化の中で人口減少が加速し内需の減少も大きなものになっています。
このため経済低迷は持続的なものとなり、当然、日本銀行の政策金利(公定歩合)は「ゼロ金利」と呼ばれるような低い状態を維持しています。
今後しばらく日本の金利が上昇する材料は全くありません。
円建ての国内の金融商品の金利は日本銀行の政策金利に連動します。銀行の預金金利も低いままです。

そこで今注目を集めているのが外貨建ての預金です。
政策金利の高い国の通貨で預金すればそれだけ高い利回りを得られて資産の目減りをヘッジすることができるからです。
しかし金融の世界はハイリスク・ハイリターンです。
外貨建ての預金には外国為替レートの変動という大きなリスクがあります。

このリスクを回避するには常に外国為替のレートの動向について正確な情報を収集する必要があります。
その通貨を発行する国の経済や政治の状況はもちろんのこと世界的な経済や政治の動向も外国為替のレートに強い影響を与えます。

2016年の年明けから、円安傾向から円高傾向に反転し、その影響で株価も続落傾向を続けました。
この原因については諸説あって、原油安に原因を求める説と中国バブルの終焉に原因を見出す説等があります。
いずれにしろ海外の通貨で資産運用する場合は、外国為替のレートに影響を与える世界の政治・経済的な情報の収集を怠ってはいけないのです。

FX業者のセミナーに参加してリスク管理をしっかりと

No Comments

少子高齢化が進み老後の生活などの社会保障に不安を抱いている人が増えています。
また、人口減少の中で内需が減少し将来の収入増加も期待できません。
そこで、多くの人たちが自己責任で資産運用を行うようになって来ました。

インターネットの普及に伴って様々な市場に一般庶民の投資家が参入できるようになってきました。
中でもFX取引は人気があるようです。
FXとは「foreign exchange:外国為替」を略したものです。
FX取引とは「外国為替証拠品取引」と訳されます。
この外国為替証拠金取引では、一定の証拠金を担保として拠出することで、その数倍以上の金額で取引をすることができます。

もちろん為替取引ですからハイリスク・ハイリターンであることはもちろんです。
ほとんどのFX業者のシステムで一定の損失が出た時点で自動的に決済がなされるシステムになっているようですが、言うまでも無く、外国為替のことを十分勉強してリスク回避の行動がとれるようにならないと危険です。

FX業者でもFXセミナー等を開いて自分たちの顧客が大きな損出を出さないように教育をしているようです。
こうした業者主催のセミナーにも積極的に参加することも大切です。
インターネット上にも多くの情報が掲載され投資家同士の意見交換ができる場所もあるので、そうした所でしっかりした情報を得ることも大切だと思われます。

FX取引はチャート分析から

No Comments

少子高齢化の進展とともに財政赤字が1000兆円まで累積し社会保障制度への信頼が揺らいでいます。
また、長期的な経済停滞の中で収入の増加も期待できません。
そこで、多くの人たちが資産形成のために様々な資産運用を行うようになって来ています。
その中でも目立って人気があるのがFX取引ではないでしょうか。

FXとは「foreign exchange:外国為替」の略のことです。
FX取引とは一般に「外国為替証拠品取引」と翻訳されています。
FX取引では、一定の証拠金を拠出することで、その数倍の金額の取引が可能となります。
このため手持ち資金の少ない一般の個人投資家にも人気が出てきているようです。

FX投資に限らず株式やその他の金融商品などに投資をする場合、必ずリスクが存在します。
そのリスクを回避し高い利回りを得るためには、その商品の関係する経済環境について情報を得て分析しなければなりません。

しかし一般の個人投資家にとってファンダメンタルズなど多くの情報を入手しその詳細を分析する時間はなかなかありません。
そこで、一般的に人気のある分析方法がチャート分析です。
為替レートなどの時系列チャートからその変動パターンを見つけ出し今後の動向を予測する方法です。
このチャート分析の中身についてはwikiなどでも概要がわかります。
インターネット上でFX業者その他のサイトでも簡単なチャート分析機能付きの時系列チャートが掲載されていることは皆さんもご存じでしょう。